ダイエットなのにおなかいっぱい食べていいの? はい!3食おなかいっぱい食べて下さい。

マクロビオティックとは・・・

マクロビオティックで心身ともに健康になって、他人を愛しましょう♪
けん@ぷちです。

マクロビオティックでの主食は、『玄米』がおすすめです。主食は穀物でも歯の話をまじえて書きましたが、人間の歴史的に言っても、玄米は人間にとって最も理想的な食べ物であり、陰陽的にも中庸に位置する食べ物です。

玄米は、収穫したお米から、もみがらだけを取り除いたものです。その玄米を精白して、ぬか層(果皮、種皮、糊粉層)と胚芽を取り除き、中の胚乳の部分だけにしたものが普段みんなが食べている白米です。玄米に含まれる『ぬか層(果皮、種皮、糊粉層)』と胚芽、ここにビタミンやミネラル、そして食物繊維のなんとなんと約95%が集中しているのです。この素晴らしいエネルギーの固まりであるぬか層(表皮とも言います)と胚芽を取り去ってしまうなんて、なんともったいない精白米さん。ときに、この精白米が米のカス(粕)と言われるのはそのためです。

玄米に含まれる主な栄養素は、タンパク質、炭水化物、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、ナイアシン、鉄、リン、カルシウム、ナトリウム、カリウムなど。あり過ぎなくらいたくさん含まれています(^^)v とりわけ食物繊維、ビタミンB1、ビタミンEはずば抜けていて、食物繊維は白米の約6倍、ビタミンB1は約5倍、ビタミンEは約7倍も含まれています。

たとえば、精白米1合を食べて玄米と同じビタミンB1を摂ろうとすれば、それプラス、牛乳1リットル、鶏卵15個以上、牛の赤身肉では500gが必要になります。

食物繊維は、便秘の解消に効果的なだけではありません。体内の余分なコレステロールや糖分、発がん性物質などの有害物質の排出を促すことで、がんや動脈硬化から引き起こされる脳卒中や心筋梗塞、糖尿病などの生活習慣病を防ぐのにも一役買ってくれることでしょう。

ビタミンB1は、でんぷんや糖分などの糖質をエネルギーに変える手助けをしてくれます。ビタミンB1が不足すると、取り入れた糖質を効率よくエネルギーに変えることができず、イライラしたり、疲れやすくなったりします。さらに、糖質がエネルギーに変わりにくいということは、そのエネルギーになりきれなかった糖質を脂肪として体に溜め込んでしまうということです。結果、肥満体へ道が待っています・・・。

ビタミンEは、「若返りのビタミン」とも言われ、ホルモンの分泌を促して更年期障害を予防するほか、抗酸化作用によって血管の老化を防いだり血行をよくする働きがあります。
冷え性、肩こり、頭痛、しもやけなどの症状のある方には必須のビタミンでしょう。

私は、食事の割合として、玄米で6〜7割食べています。残りは、野菜中心の副菜と汁物ですね。たまに変化が欲しいときは分付き米を食べたりしています。まあ、肉や魚もたまには食べますけどね。分付き米については、また後ほど。


ランキングに参加中です。

『ポチッ』と応援ヨロシクお願いします<(__)>

→ ランキング

マクロビオティックで心身ともに健康になって、他人を愛しましょう♪
けん@ぷちです。

陰陽の調和で、『中庸を心がけましょう』と述べました。ではどう食べればよいのでしょうか?

基本は、中庸のもの(それに近いもの)を摂ることですが、
マクロビオティックとは・・・で、『人(人格)をつくる基本は、『食』と『環境』です』と述べた通り、“食”だけでなく、その“食”が作られる“環境”との調和(バランス)が大切なのです。

陽性の食材は、寒いところでとれ、ゆっくり育ち、水分の少ないのが特徴で、ごぼう、にんじんなど。食べると体が温まります。

逆に陰性の食材は、暖かいところでとれ、早く育ち、水分の多いのが特徴で、トマト、メロンなど。食べると体を冷やします。

つまり、寒いところに住む人は、そこの土地でとれる食材を食べれば自然と体が温まるし、暖かい土地に住む人は、土地のものを食べれば体のほてりがさめる。その土地の食材をその食材が採れる旬に、採れたまま丸ごと口にすることで、体のバランスが自然に調整され、陰陽で言うところの中庸に向かい、健康につながるのです。(身土不二の考え方ですね^^)

たとえば、イヌイットの人たちのように零下40度などという過酷な寒さの中で暮らしている人たちは、もともと肉だけを食べて生活していました。それでも民族が絶えることなく生きてこられたのですから、その地域で生活する人たちのとってみれば、それがバランスのとれた食生活だったのでしょう。

やはり、あまりにも寒いところだったため、体を温め活動するだけの体温を維持するために、陽性の強い肉ばかり食べていたのではないでしょうか。私はそんな過酷な場所へ行ったことすらないので想像もできませんが(-.-;


ランキングに参加中です。

『ポチッ』と応援ヨロシクお願いします<(__)>

→ ランキング
マクロビオティックで心身ともに健康になって、他人を愛しましょう♪
けん@ぷちです。

マクロビオティックは、「食養(食物養生法)」と「易の陰陽論」とを発展的に融合させたものと書きました(マクロビオティックとは・・・)。

「食」という字は、人を良くすると書きます。医食同源という言葉もあります。そうでなくとも、「食」が健康にとって非常に重要なことは明らかです。

では、私たちは何をどのように食べればよいのでしょうか?
その問いに対する答えとして、マクロビオティックの基本五原則について述べていきます。

基本五原則は以下のようになります。

1.食はいのちなり
2.身土不二の原則
3.一物全体食
4.主食は穀物
5.陰陽の調和


今回は、『5.陰陽の調和』についてです。


“陰陽”という言葉自体は誰もが聞いたことがあると思います。
では、この陰陽とは如何なるものでしょうか?

陰陽(説)は、「この世界・宇宙は陰と陽の二つの要素から構成される」という考えのもと、世界・宇宙のあらゆる事柄を陰と陽との関係で説明する理論です。言い方を変えれば、森羅万象、宇宙に存在する全ての事物・事象を陰と陽に分けて考えることとも言えるでしょう。

詳しく書いていくと本が一冊出来上がってしまうほどの内容になってしまうので、ここでは主に食に絞って述べていきます。

※※※※※※※※※※※
本当に一冊の本があります。陰陽を含め、マクロビオティックの基礎となる宇宙観であり、生命観である「無双原理」について解説されたマクロビオティックの創始者である桜沢如一さんによって書かれた本です。マクロビオティックをより知るには必読の書です。個人的には、理系の書籍を読んだ後のような読後感でした。読んだ後、ふう疲れた・・・って感じです(^^;

詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ。
無双原理・易―「マクロビオティック」の原点
※※※※※※※※※※※

陰と陽との関係とは、男と女、昼と夜など対極に位置する関係が多いのですが、昼は正午で陽を極めた後、夜(=陰)に向かっていくというように、絶対的に決まったものではなく、その時々の状態や環境によって、変化する相対的なものなのです。たとえば女性に対して男性は陽ですが、陽の男性でも体内の臓器同士を比較すると、通路として空いている胃や腸は陰、普段閉じており気密性の高い心臓や肝臓は、陽になります。


陰陽の基本イメージは、

拡散・遠心・上昇(宇宙に向かっていく)するものが『陰』、
凝縮・求心・下降(地球の核に向かっていく)するものが『陽』となります。


陰陽の考え方を“食”に適用すると、ごぼう・にんじん・卵・肉・塩・チーズなどが「陽」、トマト・じゃがいも・バナナ・砂糖・香辛料・コーヒー・チョコレート・アイスクリーム・アルコールなどが「陰」になります。

陽性の強い肉やチーズなどを食べれば、バランスを取るために、陰性の強い砂糖や香辛料が欲しくなります。逆に陰性の強いものを食べれば、陽性の強いものが欲しくなります。そうして、調和を取ろうと、調和の取れた状態(=中庸)を目指すのです。

すなわち、“陰陽の調和”とは、陰と陽どちらにも偏らず、中庸を摂るということです。陰と陽の間をあまり行ったりきたりしすぎると体が参ってしまいますので、なるべく中庸に近い食事を心がけましょう。


ランキングに参加中です。

『ポチッ』と応援ヨロシクお願いします<(__)>

→ ランキング
マクロビオティックで心身ともに健康になって、他人を愛しましょう♪
けん@ぷちです。

マクロビオティックは、「食養(食物養生法)」と「易の陰陽論」とを発展的に融合させたものと書きました(マクロビオティックとは・・・)。

「食」という字は、人を良くすると書きます。医食同源という言葉もあります。そうでなくとも、「食」が健康にとって非常に重要なことは明らかです。

では、私たちは何をどのように食べればよいのでしょうか?
その問いに対する答えとして、マクロビオティックの基本五原則について述べていきます。

基本五原則は以下のようになります。

1.食はいのちなり
2.身土不二の原則
3.一物全体食
4.主食は穀物
5.陰陽の調和


今回は、『4.主食は穀物』についてです。

皆さんは、何を主食として食べていますか?
パンですか?パスタですか?それともやはりお米でしょうか?
さすがに肉を主食としている人はいないと思いますが・・・(--;

何にせよ穀物を主食としている方が大勢を占めているのではないでしょうか。
日本人であれば、やはりお米ですよね。何を主食にしているか意識していなくとも、『お米』が主食となっている方が大半でしょう。

まあ、「健康のためには1日30品目食べよう」と実践していたり、ダイエットのためとしてご飯を抜いたりして、「お米」と「おかず」のどちらが主食かわからなくなっている方もいるかもしれませんが。これはある意味、強制的に主食であるお米(穀物)の摂取量を減らしたと言えるでしょう。

では、なぜ『お米(穀物)』を主食としているのでしょうか?
これは人間の歯の構造が教えてくれます。

人の歯は、全部で32本あります。
その内訳は上下合わせて、

○臼歯が20本
○門歯が 8本
○犬歯が 4本

となっています。

臼歯は、穀類など様々な種子をすり潰すための歯、門歯は、野菜などの植物性食品を噛み切るための歯、犬歯は、肉や魚などの動物性の食品を食いちぎるための歯です。

これを割合で考えると、全体の8分の5が穀物、8分の2が野菜などの植物性食品、8分の1が動物性食品と割り当たります。すなわち、人類がこの割合で食べ物を摂取してきたため、進化の過程でこのような歯の構成になったと考えられるのです。

すなわち、主食(穀物)=5、副食(野菜、他)=3の割合で食べましょう!
主食はぜひ“玄米”をおすすめします。
詳しくは、また別記事で書きたいと思います。


次回は、『5.陰陽の調和』についてです。


ランキングに参加中です。

『ポチッ』と応援ヨロシクお願いします<(__)>

→ ランキング
マクロビオティックで心身ともに健康になって、他人を愛しましょう♪
けん@ぷちです。

マクロビオティックは、「食養(食物養生法)」と「易の陰陽論」とを発展的に融合させたものと書きました(マクロビオティックとは・・・)。

「食」という字は、人を良くすると書きます。医食同源という言葉もあります。そうでなくとも、「食」が健康にとって非常に重要なことは明らかです。

では、私たちは何をどのように食べればよいのでしょうか?
その問いに対する答えとして、マクロビオティックの基本五原則について述べていきます。

基本五原則は以下のようになります。

1.食はいのちなり
2.身土不二の原則
3.一物全体食
4.主食は穀物
5.陰陽の調和


今回は、『3.一物全体食』についてです。

「一物全体食」とは、一つの食べ物をまるごと食べるということです。

いのちを維持する為に、生物は体全体で調和をはかっています。どの部分一つとして不必要なものはなく、食物も捨てる部分は何一つないのです。ですから、種子、根、葉、皮などもまるごと食べることによって全体としてまとまり、特別な効果が期待できるのです。

たとえば、野菜だと皮はもちろんのこと、葉っぱや根っこも全て食べるのです。
魚も頭から尾まで丸ごと。
穀類なら精白していない物を食べる。

こうして丸ごと食べることで、栄養満点の食事ができ、食物が本来持っている生命力をもらうことができるのです。

調理の際のアク抜きもしません。もちろんゆでこぼしもなしです。
それによって全体のバランスがとれ、身体のバランスもとれるのです。

また、まるごと食べることによって、皮に含まれている食物繊維を豊富に摂ることができるため、腸が健康になる効果も期待できます。

私は、マクロビオティック食を中心とした生活になってから、トイレに座りに行く回数が減り、代わりに1回の量が増えました。様々な効果が相乗的に作用したからだと思います。+皮の食物繊維くんもがんばってくれたんだと思います(感謝!)

さらに、まるごと食べるのでゴミが出ません。
地球環境にも配慮した素晴らしい調理法なのです(^^)
エコライフ関連のブログ作成者の方々、相互リンクをお願い致します(笑)


次回は、『4.主食は穀物』についてです。


ランキングに参加中です。

『ポチッ』と応援ヨロシクお願いします<(__)>

→ ランキング
マクロビオティックで心身ともに健康になって、他人を愛しましょう♪
けん@ぷちです。

マクロビオティックは、「食養(食物養生法)」と「易の陰陽論」とを発展的に融合させたものと書きました(マクロビオティックとは・・・)。

「食」という字は、人を良くすると書きます。医食同源という言葉もあります。そうでなくとも、「食」が健康にとって非常に重要なことは明らかです。

では、私たちは何をどのように食べればよいのでしょうか?
その問いに対する答えとして、マクロビオティックの基本五原則について述べていきます。

基本五原則は以下のようになります。

1.食はいのちなり
2.身土不二の原則
3.一物全体食
4.主食は穀物
5.陰陽の調和


今回は、『2.身土不二の原則』についてです。

前回の『食はいのちなり』の記事で、

『食』=>『食べた結果としてできあがる人格や性格、食べた結果として起こる行動などの事象』=>『人間そのもの(=いのち)』

と説き、『食』が人間にとっていかに大切かを述べました。

ではその『食』はどこから来るのでしょうか?
また、どこで食べ、どのように食べるのでしょうか?
食べ方が『食べた結果の人間そのもの』に、影響を及ぼすのです。

たとえば、今日本ではバナナやパイナップル、オレンジなどの熱帯性果物が季節を問わず年中売られていて、いつでも食べられます。しかし、これら熱帯性の果物は熱〜い環境で育つため、食べると体を冷やす効果があるのです。

熱帯のムシムシした場所で食べるなら、熱くなりすぎる前に体を冷やしてくれるありがた〜い食べ物ですが、寒い季節や寒い場所で食べるとどうなるか・・・。そうです。ただでさえ寒さで体が冷えているのに一段と冷やしてしまい、風邪をひくなど、体調を崩すもとになってしまいます。

日本では、冬の寒い日にコタツに入ってぬくぬくとしながら、それらを食べたりしています。冬に風邪をひく人が多いのは、もちろん寒いからですが、人間自らが体を冷やす食べ物を食べ、冷えを促進していることが大きいのではないでしょうか。冬=鍋!という図式が成り立っているのも、寒さへ対抗する為、体を温めるための知恵かもしれませんね。

それらの逆で、夏の暑い日に冷たい果物(スイカが主役でしょうか^^)を食べたくなるのは、火照った体から熱を取り去り、体を冷やすためなのです。

『身土不二』とは、『身(人間含む生命たち)』と『土(それら食べ物が育つ場所、その環境)』は、2つには切り離せない!その環境(その土地で採れる食べ物や、その食べ物が採れる場所や時期など。食も含めて、人間の人格や性格を形作る要素をひっくるめて『環境』です)に身を置いていたからこそ、今の自分というものがあるのだということ。

簡単に言うと『住んでいるその土地でとれた旬のものを食べよう♪』なのです。

寒いとき・寒い季節・気温が低い日には体が温まるものを食べましょう。
熱いとき・熱い季節・気温が高い日には体が冷えるものを食べましょう。
それが健康につながります(^^)


何度も言います。食べたもの・食べたこと・その食べ方によって生じる結果や事象が自分自身なのです。自分のためにも、今一度、食について見直してみてはいかがでしょうか(^^)


次回は、『3.一物全体食』についてです。


ランキングに参加中です。

『ポチッ』と応援ヨロシクお願いします<(__)>

→ ランキング
マクロビオティックで心身ともに健康になって、他人を愛しましょう♪
けん@ぷちです。

マクロビオティックは、「食養(食物養生法)」と「易の陰陽論」とを発展的に融合させたものと書きました(マクロビオティックとは・・・)。

「食」という字は、人を良くすると書きます。医食同源という言葉もあります。そうでなくとも、「食」が健康にとって非常に重要なことは明らかです。

では、私たちは何をどのように食べればよいのでしょうか?
その問いに対する答えとして、マクロビオティックの基本五原則について述べていきます。

基本五原則は以下のようになります。

1.食はいのちなり
2.身土不二の原則
3.一物全体食
4.主食は穀物
5.陰陽の調和


今回は、『1.食はいのちなり』についてです。

人間は、心身ともに食べ物によって支配されています。表に見える(考える)心身は、食べた結果としての現象にすぎません。

すなわち、
『食』=>『食べた結果としてできあがる人格や性格、食べた結果として起こる行動などの事象』=>『人間そのもの(=いのち)』

肉を好み毎日のように獣肉を食べている人は、性格が好戦的になり、力によって問題を解決しようとする傾向が増しますし、性格が粗暴な人でも、日々マクロビオティック食を実践することで穏やかな心を取り戻すことができるのです。今のあなたは、今まで食べてきたものたちによって、つくり上げられたのです!

今日食べたものが自分をつくるのだ!と考えながら、日々食べるものを考えましょう。そうすれば、自分を高めるためにも、ジャンクフードばかりでなく、マクロビオティック向きなオーガニックの自然食品などに目が向くようになるのではないでしょうか?_?

何度も言います。食べたもの・食べたことによって生じる結果や事象が自分自身なのです。自分のためにも、今一度、食について見直してみてはいかがでしょうか(^^)


次回は、『2.身土不二の原則』についてです。


ランキングに参加中です。

『ポチッ』と応援ヨロシクお願いします<(__)>

→ ランキング
マクロビオティックとは、

 マクロ(大きい、長い) / ビオ(生命) / ティック(術、学)

の3つの言葉からなり、つなげると“長く生きる方法”、意訳すると“充実した生(大いなる生命)を全うする(長生きする)方法”でしょうか。

マクロビオティックという言葉自体はフランス語ですが、その語源は、古代ギリシャ語で“健康と長寿、地上の平和を願う心”を意味する『マクロビオス』に由来しています。

明治時代の日本陸軍薬剤監であった石塚左玄さんが提唱した「食物養生法」(以下、食養)に始まり、その「食養」により結核を克服した桜沢如一さんが「食養」と「易の陰陽論」とを発展的に融合させ、「食養」をより全人的な人間の医学に発展させて「正食」「マクロビオティック」としたのです。

その後、桜沢さんの影響を受けた(弟子?)久司道夫さんが、渡米しマクロビオティックの考え方を広めていきました。1978年には妻のアヴェリンさんとマサチューセッツ州にマクロビオティックの理念や料理法を教えるクシ・インスティテュートを設立。最近では、マドンナやトム・クルーズといったハリウッドのセレブをはじめ、スーパーモデルたちがはまったことで話題にもなりましたね(^^)

日本だと桜沢さんに影響を受けた大森英桜さんがいますね。大森さんは、「宇宙法則の哲学から、人間の生命のモトは植物であり、陽性である人間が陰性の動物を摂り入れることは宇宙秩序違反である」という考え方から、正食(玄米菜食)を貫き、単なる病気治しではなく、真実の幸福な人生を生きるための“正食行”として正食医学を提唱し、実践してきた人です。


それぞれの方々や考え方など、詳しくは別の項で述べますが、私は広〜く広〜くとらえて、自分の幸せのため、周りの人たちの幸福のため、世界の平和のため、そして、地球にとっての安定のためと行動や活動と解釈しています。後半の二つは、主に環境に関することですね。世界が平和になったり、地球が浄化され空気がきれいになったりすることは、結果として充実した生を全うすることにつながりますもんね。

余談ですが、親元の田舎へ帰ったときにいつも思うことがあるのです。
それは、空気が軽いことです。言い方が変かもしれませんが、肩の荷が軽くなったというか、特に朝起きたときの体の軽さが全然違うのです。空気がきれいだからでしょうか。健康で長生きの人が田舎に多いのは、やはりその環境(食を含めてですが)に依存する部分が大きいのかもしれませんね。いや余談でした(笑)


やはり、充実した生を生きる為には、自分や周りを含めて大きな視野で生命をいうものを見つめる必要があり、そのためには『食』だけでなく『環境』も大切ですからね。久司さんの著書にもありましたが、『食』と『環境』で言えば、後者は他社に依存する部分もあり自分の力だけではコントロールしきれない部分もありますが、前者は自分の力でコントロールすることができます。そういう意味では、マクロビオティックを実践するにあたって、『食』が主役になるのは必然かもしれません。

世界は人(あるいは生物全体でしょうか。他の生物の方々すみません(__))によってつくられているのだから、その人が精神的に高みにいなければ、そして継続的に高まっていかなければ、平和や安寧は望めないのも道理でしょう。

人(人格)をつくる基本は、『食』と『環境』です。
このブログでは、『食』を主にしつつ、自分の中のマクロビオティックに関することを書いていきたいと思います。関係の薄い(あるいはない(^^;)こともあるかもしれませんが、ご了承ください。

ランキングに参加中です。

『ポチッ』と応援ヨロシクお願いします<(__)>

→ ランキング

ご案内

【マクロビオティック@健康島】

---------------------------
●運営ポリシー●

マクロビオティックで心身の健康、そしてこころの平安を!をコンセプトに、自分の学びやマクロビオティックに関する役立つ情報を超拡大解釈にて提供していきたいと思い、運営しています。

マクロビアンの皆さん!
応援よろしくお願いします♪
あなたの愛で育てて下さい!(笑)

---------------------------
●役に立つと思った方は●

ランキングに参加中です。

1日1回クリックをお願い致します。応援ヨロシクです!
頭皮ケア(☆_☆)


インディアン伝承シャンプー
インディアン伝承シャンプー
毎日する洗髪(シャンプー)が一番重要!私もこれで毎日洗ってます。いや賭けています!!洗い方の秘伝書も付いてましたよ。
相互リンクヾ(@^▽^@)ノ
マクロビオティック 子どもに優しい本当の食事ブログ 現役コックさんの朝ご飯ブログです!がんばってるお父さんな感じがいいです(^^)

キーワード相互リンク集リンキーちゃん SEOに大変有利なキーワードマッチング相互リンク集です。アクセスアップに興味のある方は必見です!
ランキングヾ(@゜∇゜@)ノ
リンク♪
マクロビ・パパの奮闘記 マクロビに育児に家事に・・・最高です(笑)
伊豆長岡温泉こだま荘 マクロビコラム超秀逸です!
マクロビという考え方(マクロビオティック情報) このサイトのマクロビ情報は大変参考になります。
はーもにあす すたいる ホッとします。
RSS